バックナンバー

鮭のミルク煮

活性酸素を抑えて、全身いきいき

 

○調理時間:20分 ○エネルギー:約220kcal(1人分)

鮭に含まれる赤い色素、アスタキサンチンは抗酸化作用が注目される成分。細胞の老化や病気の原因とされる活性酸素の発生を抑えるといわれています。緑黄色野菜のにんじん、淡色野菜のキャベツやじゃがいもを合わせることで、一度にさまざまなビタミンを摂りましょう。

材料(2人分)

鮭……2切れ
キャベツ……2~3枚
じゃがいも……1個
にんじん……5cm
玉ねぎ……1/2個
小麦粉……大さじ1
バター……大さじ1/2
牛乳……1カップ
塩、コショウ……各少々
パセリ……適宜

作り方

(1)キャベツは食べやすい大きさにざく切り、じゃがいもとにんじんは皮をむいて薄切りにし、玉ねぎも薄く切る。
(2)鮭は1切れを3~4等分し、軽く塩、コショウしてから小麦粉をまぶす。
(3)フライパンにバターを熱して鮭を入れ、両面とも薄く色づくまで焼く。
(4)牛乳を加えて沸騰したら①の野菜を加えて塩、コショウしてふたをし、5分程度、野菜がやわらかくなるまで蒸し煮にする。途中で水分が足りなくなるようだったら水を足す。
(5)器に盛り、パセリのみじん切りを振る。

▲ このページのトップへ戻る