バックナンバー

もずくと野菜の炒め煮

痛風予防に、野菜と海藻メニュー

 

○調理時間:10分 ○エネルギー:約80kcal ○塩分量:約1.6g
※エネルギー、塩分量は1人分です。

プリン体の含有量が少ないもずくを使った、野菜たっぷりの炒め物。尿酸値が高く痛風(高尿酸血症)の可能性がある方におすすめです。痛風予防には、プリン体を多く含むレバーや魚の干物などを避け、尿酸を尿に溶けやすくする、海藻・野菜などのアルカリ性食品を摂ることが大切。ビールをはじめお酒の飲み過ぎにもご注意ください。

材料(2人分)

生もずく……100g
豚薄切り肉……30g
しめじ……1/2袋
にんじん……5cm
小松菜……1/4束
しょうが……少々
ゴマ油……小さじ1
しょうゆ……大さじ1
塩、コショウ……各少々

作り方

(1)豚肉は細かく切り、にんじんは千切り、しめじは石づきをとってほぐし、小松菜は5cmに切る。しょうがはおろすか細かく切る。
(2)フライパンにゴマ油を熱してしょうがを炒め、香りがたってきたら豚肉を加え、火が通ったら、にんじん、しめじ、小松菜を加えて軽く炒め、生もずくを加える。
(3)全体が混ざったらしょうゆを加えて1~2分炒め、塩、コショウで味を調えてできあがり。

▲ このページのトップへ戻る