バックナンバー

うなぎの炊き込みごはん

カルシウムとビタミンDで丈夫な骨に

 

○調理時間:60分(米を浸漬する時間は除く) ○エネルギー:約350kcal(茶碗1杯分) ○塩分量:約1.1g(茶碗1杯分)

夏バテにもよいといわれるうなぎ、干しえびで、健康な骨を作る栄養素、カルシウムを摂取しましょう。カルシウムは骨や歯の材料になるほか、筋肉のスムーズな動きを助ける、イライラを緩和するなどの作用も期待できます。干ししいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富。一緒に摂ると効果的です。

材料(2人分)

米……2合
水……2合(干ししいたけ・干しえびの戻し汁もあわせて)
酒……大さじ1
しょうゆ……大さじ1
うなぎの蒲焼き……1枚
干ししいたけ……2〜3枚
干しえび……小さじ1程度
白ゴマ……適宜
三つ葉……適宜

作り方

(1) 米は研いで水に20分以上漬けておく。
(2) 干ししいたけ、干しえびは一緒に小さめのボールに入れて水で戻し、干ししいたけは細く切り、干しえびは大きいものは半分に切る。うなぎの蒲焼きは一口大に切る。
(3) (1)の米に酒としょうゆを加えてひと混ぜしたら(2)の具をのせて炊飯する。
(4) 炊きあがり、蒸らし終わったら軽く混ぜて茶碗に盛り、白ゴマと三つ葉を散らす。
※ごはんを混ぜるときは、一度、うなぎを取り出してから混ぜるとうなぎがくずれません。

▲ このページのトップへ戻る