バックナンバー

アボカドとサーモンのちらし寿司

抗酸化食材でおいしく老化予防

 

○調理時間:15分
○エネルギー:約480kcal(1人分)
○塩分量:約2.9g(1人分)

目の健康においても、バランスのよい食事が基本です。特に積極的に摂りたいのが、ビタミンやミネラル。また鮭に多く含まれるアスタキサンチンなどの抗酸化成分も、加齢による病気予防に役立つといわれており、ビタミンCと一緒に摂るのが効果的です。

 

材料(2人分)

ごはん…茶碗2杯分(300g)
鮭…甘塩1切れ
アボカド…1個
白ゴマ…小さじ1
きざみ海苔…適宜
レモン汁…大さじ2
砂糖…小さじ1
塩…1つまみ

 

作り方

(1)鮭は焼いて身をほぐしておく。

(2)小さめのボウルにレモン汁、砂糖、塩を入れて寿司酢を作る。

(3)アボカドは1.5〜2cmのサイコロに切り、(2)に入れて寿司酢をからませる。

(4)大きめのボウルにごはんを入れ、(3)の寿司酢だけ入れて(アボカドは入れない)よく混ぜる。

(5)寿司飯ができたら鮭と白ゴマも加えてさっと混ぜ、皿に盛る。

(6)上にアボカドをのせて、きざみ海苔を散らす。

 

<イラストレーション>
木暮雅子

▲ このページのトップへ戻る