バックナンバー

鶏つくねの生姜スープ

皮ごと加熱で、体ぽかぽか

 

○調理時間:20分
○エネルギー:約150kcal(1人分)
○塩分量:約1.9g(1人分)

生姜に含まれるショウガオールには、血行促進のほか、体を温める働きや新陳代謝を活発にする働きがあります。ショウガオールは皮の近くに多く含まれ、生よりも乾燥させるか、加熱することで効果が大きくなるので、皮ごと加熱して使いましょう。

 

材料(2人分)

(A)
鶏挽肉…100g
ネギのみじん切り…1/4本分
みそ…小さじ1

白菜…葉1枚
ネギ…1/4本
にんじん…5cm
生姜…20~30g
ニラ…1/4束
みそ…大さじ1
豆板醤…小さじ1
ゴマ油…少々

 

作り方

(1)Aの材料をボウルに入れて混ぜ、一口大に丸めてつくねにする。

(2)白菜、ネギ、にんじんは細切り、生姜は皮ごと細切り、ニラは4cm長さに切る。

(3)鍋に水2.5カップを入れて沸騰したら(1)のつくねを入れる。

(4)白菜、ネギ、にんじん、生姜も加えて10分ほど煮る。

(5)ニラを加えて1分煮たら調味料とゴマ油を加え、ひと煮立ちしたらできあがり。

 

<イラストレーション>
木暮雅子

▲ このページのトップへ戻る