バックナンバー

日焼け止めの正しい塗り方

●顔に塗る場合
(1)適量を手に取る
クリーム状の日焼け止めならパール粒1個分、液状の日焼け止めなら1円玉1枚分を手のひらに取ります。
(2)少しずつ伸ばす
額、鼻の上、頬、あごに分けて置き、まんべんなくていねいに伸ばします。同じ量でもう一度(1)から繰り返します。

●腕・脚などの場合
容器から直接、直線を描くようにつけ、手のひらでムラなく伸ばします。首筋や腕の裏側、脚の裏側、足の甲なども忘れずに。
※汗をかいたときは、タオルなどで水分を吸い取り、乾いた状態で塗り直しましょう。2、3時間ごとに塗り直すのがおすすめです。

▲ このページのトップへ戻る