バックナンバー

目薬の正しいさし方

花粉症の治療などで目薬(点眼薬)をお使いの方、上手にさせていますか。
この機会に正しいさし方をチェックしましょう。

■基本のさし方

(1)最初に手を洗ってから、指で下まぶたを軽く引き、1滴を確実に点眼します(2〜3滴の場合もありますので、医師または薬剤師の指示に従ってください)。
※2種類以上の目薬を使う場合は5分以上間隔を置きましょう。
(2)点眼後は、数分間静かに目を閉じます。軽く目頭を押さえるのも効果的です。
(3)目から流れ出た目薬は清潔なティッシュペーパーなどで拭いてください。

ほかにもこんなさし方があります。自分に合った方法をお試しください。

■げんこつ法

片方の手でげんこつを作り、下まぶたを引きます。げんこつの上に目薬をさす手を固定して点眼します。

・ご自分で目薬をさすのが困難な場合は、点眼補助具なども市販されています。
・コンタクトレンズをつけたままの点眼は、レンズのタイプや点眼薬の種類によって、控えたほうがよい場合があります。医師や薬剤師にご相談ください。

▲ このページのトップへ戻る