バックナンバー

食物繊維で血糖値対策

糖尿病予防にも必要といわれる「食物繊維」。しかし、現代の食生活では不足傾向にあるといわれています。
食物繊維は、糖が腸で吸収されるスピードをおだやかにし、有害物質を排出するのを助ける栄養素。便秘の解消はもちろん、血糖値やコレステロール値を下げるためにも有効です。
毎日の食事で食物繊維の摂取を心がけましょう。

●食べるもの

食物繊維は、野菜のほか、豆類、海藻類や精製前の穀物などに多く含まれています。食事にこうした食品を積極的に取り入れましょう。一般的に和食の食材は食物繊維が豊富ですが、塩分が多くなりがちです。薄味の調理を心がけましょう。

【種類別 食物繊維の豊富な食べ物】
[穀類]そば、玄米、麦ごはん、ライ麦食パン
[野菜]かぼちゃ、カリフラワー
[海藻]寒天、わかめ、もずく
[きのこ]きくらげ、干ししいたけ
[豆類]あずき、納豆
[いも類]さつまいも、やまといも

●食べる順序

ごはんなどの炭水化物の前に、食物繊維の入ったおかずを食べると糖の吸収が抑えられるといわれます。毎食、野菜や海藻などの副菜を食べるようにしましょう。

▲ このページのトップへ戻る