バックナンバー

お薬を水で飲む理由(1)

お薬を飲むとき、飲み物ならどれも同じと思っていませんか?
「お薬は水かぬるま湯で飲みましょう」といわれるのは、理由があります。
ぜひ知っておきましょう。

●お薬が吸収されやすくなります
お薬だけで飲むと、お薬が食道に引っかかったり、胃の1カ所にとどまるなどして、粘膜を刺激することがあります。水と一緒に飲むことによって、お薬がスムーズに食道を通過し、胃に送られて溶け、成分が胃や腸から吸収されやすい形になります。

●お薬の効き目が正しく発揮されます
コーヒーや紅茶、牛乳、グレープフルーツジュースなど水以外の飲み物は、一部のお薬の効き目に影響を与えることがわかっています。水の中でも、カルシウムやマグネシウムなどミネラル分が多く含まれる硬度(※)の高いミネラルウォーターは、ミネラル分がお薬の成分と結合して吸収を悪くし、効き目に影響を与えることがあるので、注意が必要です。
※硬度…水に含まれるカルシウム、マグネシウムの含有量から計算した数値のこと。カルシウムやマグネシウムが多いほど、硬度が高くなります。

▲ このページのトップへ戻る