バックナンバー

健康肌を取り戻すには?

●ターンオーバーを保つ生活を

肌は通常28日周期で生まれ変わっています。これをターンオーバーといい、ターンオーバーが正常に保たれていると、肌は健康な状態です。ところが、加齢やストレス、栄養の偏り、睡眠不足、紫外線、病気などでターンオーバーが乱れると、しみやしわなどのトラブルが起こりやすくなるほか、表面が硬くなってごわごわとしてきます。ターンオーバーの乱れを防ぐために、紫外線対策を忘れずに行い、十分な睡眠などを心がけましょう。

●肌の材料はたんぱく質

肌の生成にかかわるとされる「コラーゲン」は、たんぱく質から生成されます。また、肌が本来持っている保湿成分を作るのもたんぱく質に含まれるアミノ酸ですから、不足しないように摂取しましょう。たんぱく質は、肉や魚、豆、大豆製品、乳製品などに含まれています。しかし、肉や乳製品は脂質が多いので摂り過ぎには注意が必要。肉を食べるなら鶏のもも肉やささみなど脂身の少ないものをおすすめします。また、緑黄色野菜などに含まれるビタミンAや、ナッツ類などに含まれるビタミンEには、肌の老化の原因の1つとされる活性酸素の発生を抑える働き(抗酸化作用)があります。紫外線の強いこの時期は、特に意識して摂るとよいでしょう。

▲ このページのトップへ戻る