RSS

ブログ

2018/12/04

「飲み放題」という不思議な魔力

何かとお酒を飲む機会が増える時期ですが、こんな記事を見つけました。

筑波大学の研究チームが、8月下旬に「飲み放題」が大学生の飲酒行動に与える影響に関する調査結果を発表しました。調査は、関東の31大学35学部の学生533人を対象に実施したところ、95.8%と、ほぼ全ての学生が飲み放題の利用経験がありました。
この飲み放題経験者を対象に、飲み放題利用時と非利用時の飲酒量を調べたところ、飲み放題時の飲酒量は、男子学生で1.8倍、女性学生で1.7倍に上っていることが明らかになりました。また、男子の39.8%、女子の30.3%は、飲み放題時に限り大量にアルコールを摂取する「一時的多量飲酒」(HED)という危険な飲み方をしていることも判明しました。

「一時的多量飲酒」(HED)とは、1日あたり60グラム以上のアルコールを摂取する飲み方のこと。厚生労働省は、1日あたり約20グラムのアルコールを摂取することを「節度ある適度な飲酒」としているので、その約3倍の量という事ですね。
では、アルコール60グラムはどのくらいかと言いますと、アルコール度数5%のビール500ミリリットル缶では3本分、度数15%の日本酒であれば3合程度の事です。

普段はあまりお酒を飲まない人が、「飲み放題」という響きで
急に多くのアルコールを摂取すると急性アルコール中毒などの危険があります。
大学生だけではなく社会人の皆様も(私も)十分に注意してくださいね。

« 前の記事 Facebookやってます

▲ このページのトップへ戻る