RSS

やまがたアイ薬局ブログ

2018/06/17

咳の薬、吸入薬

こんにちは。
土曜日から名古屋へ来ていました。

なぜ名古屋かと言うと、
AKB48の総選挙へ参加する
と言うわけではなく、
勉強をしに来ていました。

吸入薬に関する最新の情報を
得るためです。
また、周りの薬剤師が
同一の知識を持つために、
今回学んだことを帰ってから
伝えていきます。

私たち薬局の薬剤師が、
吸入薬の使い方をお話しする中で
喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)
を治療される方々が多いです。

インフルエンザの時も吸入薬を使うことが
多いですね。

吸入薬は、とても良い薬で、
治療としては、第一選択薬に
位置付けられています。
先ずは、吸入薬を使いましょう
ということですね。

何故、第一選択薬かと言うと
副作用が少なく、効果が有るからです。

とても良い薬なのですが、
飲み薬とは違って、
いくつかの正しい操作や
正しい吸い方をしないと、
薬が上手に効かないことがあります。

吸入薬は、メーカーによって
構造の特許を取るため、
操作がまちまちなのです。

そこで、薬剤師が正しい使い方を
分かり易く説明したり、
間違いやすい使い方を事前に説明
したりすることで、
薬を正しく効果的に使ってもらえます。

やまがたアイ薬局は、
この講習を受けた認定吸入指導薬剤師が
在籍しています。

これまで、他で吸入薬をもらっていた
患者様が、当薬局へ来た時に
いつも咳をしているので、
吸入方法の確認をさせていただきました。

その後は、咳もすることがなくなり
落ち着いている様子でした。

咳のことや薬のことでお悩みなど
ありましたら、お気軽にお声がけ下さいね。

▲ このページのトップへ戻る