RSS

吉牟田薬局 スタッフー!のブログ

2019/07/11

私の謎は解けました。スッキリ!

15年くらい前の話です。

私は夕食後、犬の散歩に行きました。
真冬だったので、寒いのが苦手な私は、
散歩を楽しみにしている犬には申し訳ないのですが、、、
少しでも早く家に帰りたくて散歩道を猛ダッシュしました。

すると、犬も私に負けじと猛ダッシュしてきます。
そうなると、お互いに猛ダッシュを仕掛けることになるので
ずーっと走りっぱなしで、もはや散歩ではなくなります。

そんなこんなで、散々走った後、
家に帰りヒーターの前で暖をとっていました。

すると、腿の辺りが痒くなってきました。
冬の体育の授業、マラソン、部活を思い出すあの感じです。
すぐおさまるだろうと思いながらも無意識に掻いていました。

気づくと、お腹の辺り、腕、唇、おでこ、、、全身が痒いのです。
いつもとなんか違うな、、、と思い、鏡を見ると

おでこってこんなに膨れ上がるのか??( ゚Д゚)
唇ってこんな形になるのか?!(゚Д゚;)
顔ってこんなことになるのか?!(´Д`)
というほどに恐ろしいことに。
そして、自分を見れば見るほどますます痒くなる。全身ボコボコ、、、。

「これは、、、まずいやつだ、、、」と思った途端、心臓がバクバク。
頭がグルグル遠くなっていく感じ。
喉がどんどんどんどん狭くなっていくのを感じる。
「い、い、息苦しいんですけどー(;´Д`)」

ここでやっと家族に助けを求めて病院へ。
点滴を打ってもらい無事に顔も元通り(たぶん…)。

何のアレルギーだったのかその時はわからず。
謎のまま。

何度かここまでひどくなる一歩手前くらいの蕁麻疹は出たことがあったので、
何かのアレルギーがあるのはわかっていましたが、すっかり忘れていました。


その後、なんのきっかけだったかは忘れましたが、私の謎が解けます。

なんとアレルギーの原因は、、、エビだったのです。
ははーん。よく聞くやつですね!

エビを食べると唇や口の中が痒くなります。でも、ならない時もあります。

そう!ならない時もあるのです…。
そして、エビを食べただけでは、あの蕁麻疹は出ない。
むむむ…どいうこと???

ここからが本当の謎の解明です!
なんと、エビを食べた後に運動をしたら蕁麻疹が出るということが判明しました!

そういうアレルギーを
【食物依存性運動誘発アナフィラキシー】と言うのだそうです。

アレルギーの原因となる食べ物を食べてから数時間以内に運動をすることで
まさに私が体験したような症状が現れるのだそうです!

なるほどー( ゚Д゚)運動が引き金だったのか、、、
たしかに、あの日、エビ食べました。
そして、思いっきりダッシュしまくりました。…なるほど。

しかし、正直に言うと【食物依存性運動誘発アナフィラキシー】って
本当なんだろうか、、、と少し疑っている自分もいました。

でも、やっぱりそうでした。
数年後、そんなアレルギーのことなど忘れて
エビ入りのハンバーガーを食べた後に、バス停まで走りました。

すると、、、バスに乗ったら痒み発症。「あ…しまった(;´Д`)」

この時は、痒い所をすぐに冷やし、
「大丈夫、、、大丈夫、、、私は大丈夫、、、」
と言い聞かせて掻かないように我慢しました。

なんせこのバス、京都行きの夜行バスだったので、止めるわけにはいきませんからー(;´Д`)
(この日は、なんとか事なきをえました。軽く走った程度だったからなのか?)

アレルギーは、あまくみてはいけませんね。

その当時の上司に、オヤジギャグ炸裂で、いつも笑わせてくれる方がいましたが、
蕎麦の話だけは絶対NGでした。

蕎麦アレルギーらしく死にかけたと言っていて、
その話になると冗談が通じなくなっていましたね(; ・`д・´)

いろんなアレルギーがありますが、
私のように、運動で誘発されるケースもありますのでご注意ください、、、。


#吉牟田薬局光町店

▲ このページのトップへ戻る