RSS

ブログ

2020/01/13

景色シリーズ(高知県土佐清水市足摺岬)

足摺宇和海国立公園内にある四国最南端の岬です。
断崖にたっている足摺岬灯台は日本でも最大級の白亜の灯台のひとつです。
亜熱帯植物や椿、足摺野路菊など沢山の植物を見る事も出来ます。

展望台からは270度以上の視野が広がり、ぐるっと水平線を見ると地球の丸さが実感でき、太平洋の雄大さを感じます。
夜は星を鑑賞するのにも良いです。

すぐ近くには四国霊場第38番札所の金剛福寺があり、お遍路さんをよく見かけます。

遊歩道を歩いていると辿り着く白山洞門は海蝕による洞窟です。
高さ16m幅17mの大きさがあり花崗岩洞門では日本一の規模とも言われています。
無料足湯につかりながら上から白山洞門を見下ろせる場所も人気です。

▲ このページのトップへ戻る