RSS

スタッフブログ

2019/09/30

ブルーライトは目覚ましの光

朝晩は過ごしやすい季節になりましたが
朝起きてからだるさを感じることはありませんか?
もしかするとそれは、ブルーライトの影響かもしれません。

現代人の睡眠の質に大きく関わってくるのが、
スマートフォンなどの画面から発せられる
「ブルーライト」です。今回はブルーライトが
睡眠に与える影響をご紹介します。

寝る前や夜間にブルーライトを浴びると、
睡眠ホルモンといわれるメラトニンの分泌が
抑制され脳が昼間だと勘違いしてしまい、
なかなか眠れず睡眠の質が低下してしまいます。

☆ブルーライトとの付き合い方
①寝る2時間前からはスマホやパソコンの使用をやめる
②寝る1時間くらい前から部屋のLED照明をやや暗くしておく
③夜間にコンビニなどの強い照明の場所へ行くのは避ける
④ブルーライトカットの眼鏡を使用する

しっかりと睡眠をとるためにブルーライトと
上手く付き合っていくことが大切です。

▲ このページのトップへ戻る