RSS

スタッフブログ

2020/03/02

今出来ることᕦ(ò_óˇ)ᕤ

こんにちは☺︎
明日は3月3日のひなまつりですね☆
女の子のお子様がいらっしゃるご家庭のみなさま、おめでとうございます(*´-`)

さて、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増し、不安な毎日を過ごされている方も多いのではないでしょうか?
きぼう薬局でも、マスクの在庫がないか
と問い合わせ頂くことが多いのですが
現在メーカーから納品されない状況が続いており、みなさまにもご迷惑をおかけしております。

マスク以外に出来ることはないのかと調べたところ、さまざまな感染症対策がありますが、「手洗いが一番有効」と専門家はおっしゃられているそうです。なぜ手洗いが感染症対策になるのでしょうか?

⚫︎人は無意識で顔を触っている?
新型コロナなどのウイルスは鼻や口、目の粘膜に付着することで感染します。ウイルスが粘膜に付着すると数分から20分で細胞内に入り込んで増殖します。その感染ルートで一番多いのは自分自身の手なのです。

米国の国立衛生研究所(NHI)が地下鉄の乗客を調査したところ、吊り革や手すりを触る回数が1人平均3.3回、顔を触る回数が3.6回でした。別の調査で、人は3時間で鼻を平均16回、唇を平均24回触るという報告もあります。つまり、外出の際は病原体が手に付着する機会が多く、その手で目・鼻・口を触ると感染するリスクが高くなるのです。

セキやクシャミによる飛沫感染より、自分の手を介しての接触感染のほうが何倍も多いそうです。インフルエンザや新型コロナウイルスの感染を予防するためには、ぜひ手洗いを徹底しましょう。

▲ このページのトップへ戻る