RSS

Life Journal

2018/04/27

紫外線対策になる食材とは…?!

こんにちは、ライフファーマシーです(*゚ー゚)v
1日の寒暖差が激しいので、体調を崩していませんか?

日差しも強くなってきています。
気になる方は、紫外線対策を始めましょう!
今月は、この紫外線対策になる食材を紹介します。

まず、紫外線を浴びると、日焼けやシミ、しわ、たるみの
原因になったり、皮膚の病気を悪化させたり、
体がだるくなったり…します。

晴れた日を100%とすると…曇りは60~80%、
雨の日は30%ほど。日陰でも50%ほど紫外線が降り注いで
います。

上から降り注ぐだけでなく、大気中で散乱したり、
壁や地面などにあたって反射するため、あらゆる方向から
狙われています。

AM10時~PM2時までは、1日の半分以上の紫外線が
降り注いでいます。外出の際は、日焼け止めや帽子などで
日差しから肌を守りましょう!

~**日焼け対策になる栄養素**~
♪ビタミンC …活性酸素の発生を抑える働きがあります。
ビタミンEの吸収を促進します。

♪ビタミンE …活性酸素の発生を抑え、除去する働きが
あります。血行を良くして、皮膚の新陳代謝を
高めます。

♪ビタミンA …活性酸素の発掘を抑えてくれます。
皮膚のターンオーバーをすすめ、肌のカサつき
を防ぐ効果があります。

♪リコピン …ビタミンEの1000倍もの抗酸化作用があると
いわれています。肌を黒くするメラニンを
生成する酵素の働きを抑える働きがあります。

♪βカロチン …高い抗酸化作用があります。
体内でビタミンAと同じ働きをします。
肌の老化を防ぎ、他のビタミンが十分に効果を
発揮するためにも必要な栄養素です。

~**日焼け対策に良い食材**~
苺、赤ピーマン、アボガド、人参、鰻、トマト、スイカ、
南瓜、アーモンド、さつま芋、ブロッコリー …など。

日焼け止めの使用を面倒と思う方は、毎日の食生活にプラス
して、体の内側からケアしていきましょう!!

▲ このページのトップへ戻る