RSS

Life Journal

2018/09/29

疲れを癒し、美肌になる果物!?

こんにちは、ライフファーマシーです(*^-^*)

朝晩が少しずつ肌寒くなってきましたね。
空気も乾燥しているので、風邪の患者さんも
徐々に増えつつあります。
食欲も増す季節になってきましたぁ♪
皆さんいかがお過ごしですか?

今回は、岐阜の名産でもある"柿"と
ヨーロッパでは「1日1個食べると医者を遠ざける」と
いわれる"りんご"の栄養の紹介です。

★柿 …カリウム、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC。
・ 柿はビタミンCが多く、みかんの約2倍を含んでいます。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促す為、美肌効果が
期待できます。
・ 柿の渋味が血圧を下げる作用があります。
また、アルコールを分解する酵素があり、血中アルコールの
濃度の上昇を抑えます。
カリウムの利尿作用との相乗効果で、二日酔いがつらい
時に食べるとおすすめです。
※岐阜の"富有柿"は、果肉はやわらかく、甘味があり
ジューシーです(^^*)
【食べ合わせ: 柿 + ヨーグルト = 肌荒れ解消】

★りんご …カリウム、カルシウム、ビタミンC、食物繊維。
・ さわやかな酸味のもとである、リンゴ酸やクエン酸は、
からだに溜まった疲労を癒す効果があります。
・ 食物繊維のペクチンも豊富で、腸内の乳酸菌を増やしたり、
排便を促すはたらきを持っています。
ペクチンは、果肉より、皮や皮に近い部分に多く含まれて
います。また、皮の赤い色素はアントシアニンで、
ポリフェノールの一種です。抗酸化作用があり、
がん予防に繋がります。
皮ごと食べると多くの栄養素が摂取できます。
※ヘタの切り口が新しければ新鮮。
皮に傷がなく、ツヤがあり、全体的に色づいているものを
選ぶとよいです。
【食べ合わせ: りんご + ヨーグルト = 便秘予防】

« 前の記事 残暑をのりきる食材…風邪予防の果物 次の記事 »

▲ このページのトップへ戻る