RSS

ブログ

2019/05/31

自宅で子宮頸がんのリスクをチェック!

「子宮頸がんとは?」
子宮頸がんは、子宮の入り口(子宮頸部)にできるがんで、
1年間に約3000人の方が亡くなっています。
特に20~30代にかけて発症率が上がっています。

「どうして子宮頸がんになるの?」
子宮頸がんの原因は、性交渉によって感染するHPV
(ヒトパピローマウイルス)というウイルスです。
HPVは感染しても自覚症状がないため、
感染に気が付きにくく、
免疫力で自然に排除される場合もありますが、
約10%の人で感染が持続します。
感染したHPVのタイプが、ハイリスク型であった場合、
感染した細胞は5年以上という
長い時間をかけて、やがてがんになります。
この間、自覚症状がないまま進行します。

「子宮頸がんを予防するには?」
HPVへの感染は、性交渉の経験があれば、
誰にでも起こり得ること。
そこから癌になるかどうかは、誰にもわかりません。
でも、HPVへの感染に早く気づくことができれば、
子宮頸がんを予防することもできます。

「子宮頸がんの検診」
2年に一度が推奨されています。
一定年齢毎に、無料クーポンも配布されます。
それでも、仕事で忙しい、婦人科受診は敷居が高い、
自分には関係ないなど、検診受診率は4割程度です。

「自宅でセルフチェックできる検査セット」
“SelCheck 子宮頸がん”は、自宅で検体を摂取し、検査ができます。
検査に関するやりとりは、郵送とメール・インターネットで行います。
検査を受けることや、検査結果を周りの誰かに知られることはありません。
まずは、パスコード付きカードをご購入ください(代理でもOK)。
カードに記載されたQRコードと、パスコードでお申し込みいただくと、
郵送で検査セットが送られてきます。

7500円で販売しています。お問い合わせはお気軽にどうぞ。

▲ このページのトップへ戻る