RSS

ブログ

2021/06/09

天気と痛み

・雨が降ると膝が痛い、頭痛がする
天気が悪い時、私たちは低気圧の中にいます。 雨や曇りなど天気の良くない日に、身体の痛みや不調を訴える患者さんがたくさんいます。これらは天気痛とか気象痛と呼ばれるものです。
・低気圧と痛みのメカニズム
低気圧で身体の中の柔らかい部分―血管や関節包―などが膨張し、周囲の血管や神経を圧迫することで片頭痛や関節痛を引き起こします。さらには細胞が膨張することでヒスタミンという化学物質が放出され、普段よりも 痛みに対し敏感な状態になります。
・対処方法
※入浴:入浴によって身体に発汗や血管拡張,血流量増加などの強い変化を起こすことで,周囲の血管や神経の圧迫を抑える事ができます。「面倒だからシャワーで」などと言わずに、1 日 1 回しっかりと入浴しましょう。
※軽い運動: 軽い運動で発汗や新陳代謝を促し、周囲の血管や神経の圧迫を抑える事ができます。1 日 1 回、軽く汗をかくくらいの運動習慣をつくってみましょう。
この梅雨の時期を乗り越えて、夏バテ防止にもしっかり備えておきましょう。

« 前の記事 養命酒製造の黒酢

▲ このページのトップへ戻る