踏み台昇降運動の台を段ボールで作ってみよう

2020.10.13 健康コラム


踏み台昇降は室内でできるおすすめの運動です。専用の台や階段でもできますが、段ボールで台を手作りすることもできます。

段ボールで強度抜群!踏み台の作り方

段ボールは切った断面が波になる方と、そうでない方がありますが、波になる方が上下になるようにすると、人が乗っても十分耐えられる強度の台ができます。

(1)長辺が波の断面になるように、段ボールを12cm×35cmに切り出す。
(2)切り出した段ボールの面を木工用ボンドなどで貼り合わせる。
(3)踏むときに痛くならないように、踏む面の大きさ合わせて切った段ボールを乗せ、ボンドで接着する。
(4)接着剤が乾いてから、必要に応じてガムテープで補強して、強度を確かめて使用する。

段ボール踏み台

画像の台は約90枚切り出しました。分厚い段ボールを使用するのがおすすめです。

※踏み台の高さは今回12cmにしましたが、10cm〜20cmで自分に合った高さにしましょう。高くすると運動強度が上がります。
※滑らないように注意して使用しましょう。
※両脚がしっかり乗る大きさに作りましょう。

踏み台昇降をして、運動不足解消

10~20cmほどの踏み台や階段に片足で上がり、反対の足を台に上げて直立姿勢に。最初に台に上げた片足から順に床に下ろします。最初は無理をせず5分程度から開始し、慣れてきたら20分を目標に。リラックスしてリズミカルな動きを心がけましょう。