こどももおとなも一緒に使えるフードウェア「KIDS DISH」雑貨

2019.04.19 おすすめ商品PickUp


春は始まりの季節。新生活が始まり、テーブル周りを見直したり新しく食器を揃える機会も多いかと思います。今回は、こどももおとなも一緒に使えるスタイリッシュなフードウェアをご紹介します。

職人の高度な技術で生まれた近代漆器

「KIDS DISH」シリーズのブランド「tak.(タック)」は、大正14年に石川県で創業した株式会社竹中が、2018年に展開を始めたフードウェアブランド。
元々、石川県は有数の漆器の産地。木+漆の伝統的な漆器だけでなく、昭和30年代からは、プラスチック(合成樹脂)素地+ウレタン塗装の近代(合成)漆器が作られるようになりました。

今回ご紹介する「KIDS DISH」も近代漆器と呼ばれるタイプのお皿で、なめらかな口元に、内面と側面のていねいな塗り分け、そして、塗膜によるなめらかな表面と、職人の高度な技術によって作られています。

表面はマットな質感で、色は、black・gray・navy・orange・yellowの5色展開。こどもの食器にありがちなギラギラした色合いとは違い、どれも少し彩度を落としたスタイリッシュな色合いで、カラフルながらも食卓で浮かないステキなデザインです。

KIDS DISH
<small>plate standard(yellow)</small>
1,080円(税込)

KIDS DISH
plate standard(yellow)
1,080円(税込)

tak. >>Web

電子レンジや食洗機対応、スタッキングもOK

今回購入した「plate standard」は、直径200mm×深さ26mm。実際に使ってみると、程よく縁が高いので盛り付けしやすく、食べるときもスプーンですくいやすい形状です。
そして、今や食器の必須条件とも言える、電子レンジや食洗機にも対応。また、スタッキングもできるので、省スペースで収納できます。
ケチャップのような色の濃いものを乗せても色移りすることなく、洗った後は表面がサラサラしているためか水切れも良く、乾きやすいように感じました。

サイズ違いや深さ違い、こどもが喜ぶクマ型のお皿など、さまざまなバリエーションがあります。
小さなこどもにも、質の高い食器で食べさせたいけれど、割れてしまう素材はイヤ! という方にぜひおすすめしたい一品です。

軽めのランチなら、おとなでもワンプレートでじゅうぶん盛り付けられます。