入浴剤で全身しっとり保湿ケア雑貨

2019.12.20 おすすめ商品PickUp


冬の悩みといえば冷えと乾燥。ゆっくりお風呂に入って体を温め、乾燥しがちなお肌のケアもできれば一石二鳥。保湿ケアができる3種類の入浴剤をご紹介します。

香りに癒される液体入浴剤

最初にご紹介するのは花王のエモリカとクナイプのバスミルクです。どちらも一度は見たり、聞いたりしたことがあるのではないかという入浴剤です。
エモリカはフローラルとハーブの2種類の香りがありますが、フローラルは甘い香りが好きな人におすすめ。ハーブはすっきり系の香りなので、こちらの方が誰でも使いやすいかもしれません。エモリカを入れるとお湯が白濁し、それだけですでに肌に良いような満足感がします。実際にお湯につかるとお肌がしっとりします。エモリカは薬用(医薬部外品)なので、有効成分として米胚芽油が入っています。入浴効果を高め、肌荒れ・しっしん・あせもなどの肌に効果があるそうです。キャップが計量カップになっているので日常的に使うにはとても便利です。1本で約15回分なので、1回あたり約41円ととてもお手軽です。

一方クナイプバスミルクは、天然植物オイルやスキムミルクが配合されており、こちらもスキンケアをうたっている入浴剤です。ミルクをベースにした4種類の香り、コットンミルク、アプリコットミルク、イチジクミルク、バニラミルクがあります。こちらもお湯は白いのですが、エモリカのような温泉っぽい白さではなく、もう少しマットな白さです。使うときはボトルを“5秒間プッシュを2~3回”して注ぎ入れます。楽なのか楽でないのか微妙な計量方法です。おおらかな人には手軽で良いでしょうし、きっちり計りたい人は別に計量カップを用意した方が納得がいくかもしれません。
お湯に入れてから勢いよくシャワーをあてると、ふわふわの泡風呂としても楽しめるので、泡風呂がお好きな方にはこちらがおすすめです。1本で約12回分なので、1回110円です。

左:エモリカ 薬用スキンケア入浴液 ハーブの香り450ml 約15回分 617円(税込)
右:クナイプバスミルク イチジクミルク480ml 約12回分1,320円(税込)

左:エモリカ 薬用スキンケア入浴液 ハーブの香り450ml 約15回分 617円(税込)
右:クナイプバスミルク イチジクミルク480ml 約12回分1,320円(税込)

エモリカ>>Web
クナイプバスミルク>>Web

中性重炭酸泉のチカラで疲労回復

BARTHはタブレット状の入浴剤です。着色料・香料などが一切使われておらず、中性重炭酸泉のチカラが売りです。中性重炭酸泉とは、150年以上も前からドイツのバート・ナウハイムを中心に健康維持や疲労回復などに効果があるとして注目されており、国内では大分県の長湯温泉などで末梢循環障害や冷え性、自律神経不安定症やストレスによる諸症状など様々な適応症掲示が許可されている温泉です。
3粒が1回分で、お湯に入れると細かい泡が出てきます。お湯自体に色はつきませんが、お湯の質がやわらかくなったように感じます。お値段は上記の液体入浴剤に比べるとやや高めですが、家庭で手軽に中性重炭酸泉を楽しめ、疲れも取れるというのであれば悪くありません。
入浴剤は何種類か用意しておいて、その日の気分で使え分けてもいいかもしれませんね。

BARTH 中性重炭酸泉入浴剤 10日用(30粒)
2,750円(税込)

BARTH 中性重炭酸泉入浴剤 10日用(30粒)
2,750円(税込)

>>Web