一本一本手作りの、持ち運びに便利なうちわ雑貨

2020.06.19 おすすめ商品PickUp


いよいよ、本格的な暑さがやってくる季節です。見た目にも涼しげで機能的な、持ち運べるうちわを紹介します。

職人さん手作りの京うちわ

京うちわは、うちわの風を起こす帆の部分と柄の部分が一体になっているうちわとは違い、それぞれの部品が別々に作られて、最後に組み合わされるのが特徴です。
五八商店の「Ojigi 京うちわ」は一本一本が京都の職人さんによる手作業で作られています。少し左にお辞儀をしているような形をしていて、楽な姿勢で風を起こせるように考えられています。使ってみると、軽く、少しの手首の動きで十分な風を感じることができます。冷房の効いた部屋で、うちわを使う機会も減りましたが、たまにうちわを使ってみると風の心地よさに気付きます。
色はパステルの緑、紫、桃があり、柄は金魚と貝殻があります。どれも夏にぴったりな涼しげなうちわです。

Ojigi 京うちわ ミニ
2,420円(税込)

Ojigi 京うちわ ミニ
2,420円(税込)

>>web

栞代わりにして持ち運び

うちわは扇子のように持ち運びには向いていないイメージですが、こちらの「Ojigi」シリーズは、サイズ展開の大・小・ミニがそれぞれ、雑誌・単行本・文庫本にぴったり挟まる大きさで作られています。柄の部分を出して、栞のように挟むことにより持ち運ぶことができます。本に挟めるように形も丸ではなく、四角に近い形をしています。写真のミニサイズは文庫本にぴったりの大きさです。
暑くて外に出るのも億劫ですが、お気に入りのうちわや扇子があるとそんな億劫な気持ちも和らぎます。また、浴衣などに合わせたうちわを選んでみるのもおすすめです。

帆の部分を挟んで栞代わりに。