運動時にあると嬉しいボトルとヨガマット雑貨

2020.08.21 おすすめ商品PickUp


今の季節、外は暑いので室内で運動をする人も多いのではないでしょうか。水分補給や室内運動の補助としておすすめのアイテムをご紹介します。

持ち運びに便利で扱いやすいウォーターボトル

KINTO(キントー)は「日々の暮らしをより心地よく豊かに」をコンセプトにした、テーブルウェア、キッチン・インテリア雑貨のブランド。スポーツの時にぴったりの「ワークアウトボトル」を紹介します。
一見ガラスに見えるほどの透明度の高い美しいボトルは、高品質な樹脂でできていて、軽くて丈夫。また、480mlの水分が入り、どれくらい飲んだかが分かるメモリも付いています。蓋は半回転でオープンできるので、運動中でも手間取ることなく、さっと水分補給ができます。飲み口が分厚くないので、口当たりがよいのも嬉しいポイントです。滑りにくく指を引っかけやすいシリコーン製のストラップが付いているので、持ち運ぶときも便利。飲み口パーツは取り外して分解できるので、隅々まで洗えて衛生的です。また、氷なども入れやすくなっています。
色はクリア、マゼンタ、レッド、ネイビー、スモークの5種類あり、どれも派手すぎないおしゃれな色合いで運動時の気分を盛り上げてくれます。

ワークアウト ボトル 
ネイビー
2,200円(税込)

ワークアウト ボトル
ネイビー
2,200円(税込)

>>web

折りたためるヨガマット

室内で筋トレやストレッチをするときに便利なヨガマットですが、種類や形状も様々で選ぶのに悩みます。そこでひとつおすすめなのが、IMPHY(インフィ)のヨガマットです。
こちらの最大の特徴は蛇腹に折りたためる形状です。ヨガマットは収納する際、丸める物が多く、丸めるとどうしても裏の面と表の面が接触してしまいます。その点、蛇腹に折りたためるこちらはそのようなことがなく、表面が汚れにくいです。また、水洗いでき、屏風のように立てて乾燥させることができます。
丸めるタイプは端がだんだん丸まってきがちですが、こちらはそのようなことはありません。広げたときは厚みが6〜7mmあり、折りたたむと、幅15cm、高さ8.5cm、長さ61cm程度です。
実際に使用したところ、グリップ力があり安定していて、少しの衝撃ならマンションの下の階に響くようなことを気にせず運動できます。直接寝転ぶので、洗えるのは非常に嬉しいです。
室内運動する際は、安全に運動できる環境を整え、しっかりと水分補給をしながら行いましょう。

フォールディング・ヨガマット
パープル
6,380円(税込)

フォールディング・ヨガマット
パープル
6,380円(税込)

>>web