新ごぼうの柔らかさを楽しむ「ごぼうのサラダ」サラダ

2020.04.27 ゲンキレシピ


ごぼうの旬は秋から冬ですが、今の時期は若くてやわらかい新ごぼうが出回ります。ごぼうは水溶性と不溶性の食物繊維が豊富で、便秘の解消や腸内環境を整える効果が期待できます。新ごぼうは軟らかいので少し大きめに切って、歯応えも楽しみましょう。お好みでトウガラシをふっても。

○エネルギー:約100kcal
○調理時間:10分

材料(2人分)

新ごぼう:1本
インゲン:10本
マヨネーズ:大さじ1
酢:大さじ1/2
しょうゆ:小さじ1
砂糖:1つまみ
擦りゴマ:大さじ1

作り方

(1)ごぼうは洗って、回しながら斜めに切っていく。水に1〜2分浸けてアクを抜く。
(2)インゲンはスジを取って(1)のごぼうと同じくらいの大きさに斜めに切る。
(3)鍋に湯を沸かし、先にインゲンを茹でて取り出し、その湯でそのままごぼうを茹でる。
(4)インゲンとごぼうを一度水で冷やし、水気を切る。
(5)ボウルに調味料と擦りゴマを入れ、インゲンとごぼうを入れて混ぜ合わせる。