カロリー控えめのひんやりスイーツ「グレープフルーツ羹」デザート

2018.09.03 ゲンキレシピ


グレープフルーツの苦みはポリフェノールの一種で、血流を改善したり、脂質の代謝を高める効果があります。カロリーの殆どない寒天を使っているので、ゼリーと比べてもカロリーが控えめ。但し、カルシウム拮抗薬を服用中の方は薬の効き方が変わってしまうので、グレープフルーツは摂らないように。

○エネルギー:約70kcal
○調理時間:15分(冷やし固める時間を除く)

材料(4人分)

グレープフルーツ:2個
粉寒天:2g
砂糖:大さじ3
水:適宜
コーヒー用クリーム:適宜

作り方

(1)グレープフルーツは皮をむき、0.5~1個分は房から身を取り出し、残りは絞ってジュースにする。
(2)ジュースに水を加えて300mlにし、砂糖、粉寒天と共に鍋に入れて加熱する。沸騰したら弱火にして2~3分よく混ぜて寒天をしっかり溶かす。
(3)ガラスの器に(1)のグレープフルーツを入れ、(2)の寒天液を流し入れる。
(4)冷蔵庫で2時間ほど冷やし固め、好みでコーヒー用のクリームをかける。