チーズが香ばしい「カリフラワーのチーズ焼き」野菜料理

2018.12.10 ゲンキレシピ


キャベツの仲間のカリフラワーはビタミンCが豊富で、含有量はキャベツの約2倍です。独特の歯応えも魅力なので、使うときは茹で過ぎないようにするのがおいしく食べるコツです。すぐに使いきれない場合は、生のままより茹でた方がもつので、硬めに茹でて冷蔵庫で保存しましょう。

○エネルギー:約240kcal
○調理時間:20分

材料(2人分)

カリフラワー:1個
ツナ缶:小1缶
ピザ用チーズ:60g
コショウ:少々
パセリ:適宜

作り方

(1)カリフラワーは硬めに茹でて小房に切り分け、芯の部分は小さめに切っておく。
(2)耐熱用の器にカリフラワーの芯の部分と汁気を軽く切ったツナ缶を入れて、コショウを振る。
(3)残りのカリフラワーを入れて上にチーズをのせる。
(4)200℃のオーブンまたはオーブントースターでチーズが色づくまで5分ほど焼く。
(5)仕上げにパセリのみじん切りを散らす。