苦味成分とビタミンCで夏を乗り切る「ゴーヤの味噌煮」野菜料理

2020.08.31 ゲンキレシピ


ゴーヤは夏バテ予防に効果的といわれるビタミンCとカリウムが豊富です。また、独特の苦み成分は、抗酸化作用があるほか、肝機能を高める働きもあります。豚肉には疲労回復に欠かせないビタミンB1が含まれています。残暑厳しいこの季節を乗り切るためにも、栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。

○エネルギー:約180kcal
○調理時間:15分

材料(2人分)

ゴーヤ:1/2本
豚肉:60g
木綿豆腐:1/3丁
ゴマ油:小さじ1
みそ:大さじ2
砂糖:大さじ1/2
水:100ml

作り方

(1)ゴーヤは縦半分に切ってワタを取って1cm厚さに切り、豚肉は2cm幅に切る。豆腐は食べやすい大きさに切っておく。
(2)小さめのボウルにみそ、砂糖、水を合わせておく。
(3)鍋にゴマ油を熱して豚肉を炒め、火が通ったらゴーヤも入れてさっと炒める。
(4)(2)を加え、豆腐も入れて5分ほど煮る。