炒め物でカロテンの吸収率アップ「簡単パプリカ炒め」野菜料理

2020.09.23 ゲンキレシピ


パプリカは普通のピーマンに比べて肉厚でジューシーなだけでなく、ビタミンCは約2倍、カロテンは約7倍も含んでいます。サラダなどで生で食べてもおいしいパプリカですが、カロテンは油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、炒め物やマリネなど油を使った料理もおすすめです。

○エネルギー:約60kcal
○調理時間:10分

材料(2人分)

パプリカ:赤・黄各1個
ネギ:5cm
ゴマ油:小さじ1
塩:少々
しょうゆ:少々
かつおぶし:適宜

作り方

(1)パプリカは種を取って細切りにする。ネギは斜めに薄く切る。
(2)フライパンにゴマ油を熱し、パプリカとネギを入れて炒める。
(3)全体に油が回ったら塩を振り、しんなりしてきたらしょうゆをたらして火を止める。
(4)器に盛り、好みでかつおぶしをのせる。