むし歯予防の新習慣「エフコート」

2019.11.01 class A セレクト商品


11月8日は「いい歯の日」。健康な歯を保つには毎日のケアが大切です。医療用と同成分のフッ素を配合した洗口液のご紹介です。

フッ素洗口でむし歯予防

むし歯の原因は、口の中の細菌や、糖分の摂取、歯の質などさまざま。歯垢の中のむし歯菌は、食事のショ糖をエサに酸を出し、歯からミネラル分を溶かし出します(脱灰)。一方で、だ液はその酸を中和し、溶け出たミネラル分を歯に戻します(再石灰化)。このとき溶け出たミネラル分が、戻されるミネラル分より多い状態が長く続くと、やがて穴が開いてむし歯になります。
フッ素は、歯から溶けだしたカルシウムやリンを取り込み、再石灰化を促進することで歯の質を強くします。また原因菌に働きかけて酸の産出を抑えることで、脱灰を抑制し、むし歯を予防する効果があります。
エフコートは、OTC医薬品として販売されているむし歯予防薬で、医療用医薬品と同じ成分のフッ素を配合しています。歯みがき後の使用で、歯面にフッ素イオンを残し、むし歯予防効果を高めます。

エフコート 第3類医薬品

メディカルクール香味、エフコート(フルーツ香味)
各250mL 1,000円(税抜)
サンスター株式会社 >>商品詳細

1日1回のブクブクうがいで効果的

フッ素洗口は、日常の歯みがきの後に行うと効果的です。1日1回食後又は就寝前に、歯みがきで口をきれいにした後、エフコートでブクブクうがいをします。歯みがきは使用後に水ですすぎますが、フッ素洗口液は使用後に水ですすがないので、フッ素がよりお口の中にとどまります。
4歳以上のブクブクうがいができる人が対象で、年齢の上限はありません。

第3類になってますますお求めやすく

エフコートは元々は歯科医から処方される医療用の洗口液でした。2015年に本人確認が必要な要指導薬として市販されるようになり、その後、薬剤師の販売が義務付けられている第一類医薬品を経て、今年から第三類医薬品になり、価格もお求めやすくなりました。
すっきり感の欲しい方はメディカルクール香味、刺激感の苦手な方やお子さまはフルーツ香味がおすすめです。