店内紹介

6店舗それぞれの店内をご紹介します。
個性的なデザインの店舗もありますよ★

本  店

昭和29年より、約58年間、長倉町交差点角にて営業を続けてきましたが、店舗の老朽化などにより、平成24年11月に有浦へ移転しました。

店舗は総二階ですが、店舗待合室部分が大きな吹き抜けになっています。建築士さんのこだわりで使用した大きな丸太柱や、天井に傘の柄状に開いた柱など、木材をふんだんに使用しており、さながら森の中のようです。天井には青空が広がっています。

調剤室はシンプルですが、特別養護老人施設の患者さんの調剤も行っており、かなり広く作ってあります。
また、本店には大館地区で初めてとなる無菌調剤室も設置しました。


本店は調剤業務以外のさまざまな業務があります。
まず、全店舗で販売するOTC薬の発注・納入を一括して行っており、一番多くの商品を扱っています。
また、病院、学校、福祉施設などへの医薬品等の納品も行っています。
そのほか、介護福祉器具のレンタル・販売の専任のスタッフもおり、自宅で介護をしている方の相談にも対応しております。
もちろん経理、総務なども本店にて行っており、文字通り、タカハシ薬局の「要」となる店舗です。

▲ このページのトップへ戻る

三 の 丸 店

昭和52年より31年間、みなさまに親しまれた三ノ丸店でしたが、平成20年春、現在の場所に店舗を新築移転しました。

こじんまりとした建物ですが、調剤室は広く、作業動線を考えて設計してあります。

5店舗の中で一番面分業が進んでおり、たくさんの医療機関から処方箋を応需しています。また、OTCも数多く揃えており、購入されるお客様も大変多いです。

笑顔で、きめ細かいサービスを心がけております。

▲ このページのトップへ戻る

豊 町 店

平成21年春、末広町バス停前から市立病院東側へ新築移転し、それに伴い店舗名も末広店から豊町店に変わりました。

大館市立病院からの処方が主で、すべての診療科から患者様がいらっしゃいます。

患者様にリラックスしながらお薬を待っていただけるよう、待合スペースには木材をふんだんに使っています。受付横の柱は直径240mmの杉丸柱で目を引きます。また、天井は木組みをそのまま見せており、古民家風の吹き抜けに仕上がっています。
待合室にはお茶も用意してありますので、ぜひ一度足を運んでいただければと思います。

▲ このページのトップへ戻る

常 盤 木 町 店

平成12年の開業以来、主に近くの内科(呼吸器、循環器、消化器)の処方箋を多く応需しています。

大館は昔、鉱山の街として栄えたため、呼吸器内科の患者様には塵肺、肺気腫の方も多くいらっしゃいます。

お薬の飲み忘れ・飲み残しを防ぐため、一包化調剤も多く、全自動錠剤分包機を導入しました。また、吸入薬の処方も多いです。

なお、平成24年より、コンタクトレンズの販売も開始しました。
(平成31年にて終了)


明るく元気なスタッフがお待ちしております★

▲ このページのトップへ戻る

清 水 町 店

平成13年に開業以来、主に近くの脳神経外科からの処方箋を応需しております。

脳梗塞に伴う後遺症、パーキンソン病、認知症の患者様も多く、正しく安全にお薬を服用していただくため一包化調剤も多く行っております。

建物は一見すると蕎麦屋のようですが、入り口上の看板は‘せん’の木の一枚板に大工さんの直筆で大変立派なものになっています。「薬」ののれんも特注で染めてもらいました。年配の患者様には懐かしいと好評です。内部も天井の梁をそのままに、開放感あふれる吹き抜けの造りになっています。

▲ このページのトップへ戻る

樹 海 店

平成27年10月にオープンしました。
交通量の多い樹海ラインですが、アーチ状の片流屋根に、大工さんの渾身太い丸柱でちょっと目を引く建物になっています。

店内は天井が高く、圧迫感のないすっきりとしたデザインです。

また、プライバシーを配慮し、個室での対応を希望される患者様の為に相談室を設置しております。ご希望の方はご遠慮なくお申し出ください。

近隣の医療機関をご利用の患者様だけでなく、ご近所・沿線住民の方に広くご利用いただける薬局を目指してがんばります!

 

▲ このページのトップへ戻る