RSS

ブログ

2019/02/19

本物の焼き鳥

会議を終えて帰宅すると小鳥の焼き鳥が置いてありました。

由比ヶ浜薬局の社長が猟師にもらってきたものだと思います。

普通の焼き鳥屋では絶対販売されることはないもので、市場価値はどれくらいだろうと思いながら食してみました。

味はレバーとチキンの間くらいの、THEジビエ的な自然の力強さを感じる肉でした。

猟期も終わり、自分が自然の一部として生かされている感じがしました。

改めて自然の有難さ、環境への配慮など考えさせられました。

« 前の記事 松本市 インフルエンザやしょうま 次の記事 »

▲ このページのトップへ戻る