RSS

はぐろ薬局 Blog

薬局からのお知らせや季節のトピック、健康情報などを不定期でUPしているページです。

 

本日18日に愛知県薬剤師会の「薬と健康の週間」の啓発活動の一環でナナちゃん前でファーストエイドキットの配布をさせて頂きました。
皆様にお伝えしたいこと大事な点はただ一つ!
「薬のことは薬剤師に」
なんでもお気軽にご相談下さいませ!
実際に医療現場で用いられる治療薬も現在は本当にたくさんあります。それは医師の診断のもと薬を安全かつ有効に活用するため薬剤師の職能が必要とされることに他なりません!
「気軽に相談できる薬剤師」「気軽に入ることのできる薬局」がはぐろ薬局のコンセプトでもあります。
用が無くても遊びに来て下さいね!
#薬局 #薬剤師ナナちゃん #はぐろ薬局 #犬山市 #大口町 #扶桑町
新型コロナウイルスの流行もなかなか収束とはならず、また効果的なワクチンや治療薬が揃うにもまだまだ時間が掛かりそうな状況です。
やはり感染予防は「こまめな手洗い」「マスクの適切な利用」「定期的な換気」と言えるのではないでしょうか?
当店でも入り口にアルコール手指消毒を完備し、マスクの着用、定期的な検温等を実施しておりますが、この度「HEPAフィルター空気清浄機」も導入いたしました。
HEPAフィルターを用いた空気清浄機についてはWHOが医療施設での換気に推奨していたり、航空機の機内でも利用されていたりと、非常に細かい粒子を取り除くことができる効果があります。
これから冬に向けて新型コロナウイルス感染症のみならず、インフルエンザの流行も懸念される中、安心して過ごしていただける環境を提供できるよう、引き続き努力して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。
今年は残念ながら地域の健康まつりも無く、健康イベントも予定できていないので・・・
薬と健康の週間に合わせて、元乃木坂で先日までのドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」でくるみちゃんを好演してくれた女優の西野七瀬さんが表紙で、薬剤師の活用方法につい特集として取り上げられている「厚生労働9月号」の別刷りを無料で配布させて頂きます!
なぁちゃんファンはもちろん、そうでない方も是非お持ち帰り下さい!
無くなり次第終了ですので、大口店、犬山店でお声かけ下さい!(^^)
#はぐろ薬局 #かかりつけ薬局 #犬山市 #大口町 #薬と健康の週間 #西野七瀬
皆さんこんにちは!
毎年恒例となりましたが、愛知県薬剤師会は「薬と健康の週間」の広報活動の一環として、昨日10月14日より来週20日までの1週間、名古屋駅のナナちゃんが薬剤師の姿に変身しています!

18日の日曜には午前11時より、ナナちゃんの周辺で「かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師」の広報活動を兼ねて県薬オリジナルノベルティの配布を予定しています!
是非お立ち寄りください(※ただし数に限りがあります)

また、薬剤師ナナちゃんの写真をSNSに投稿する際には #薬剤師ナナちゃん のハッシュタグも是非付けて下さいね(^^)
皆さんの投稿楽しみにしています!

(※お友達より写真の提供を頂きました)
#薬剤師ナナちゃん #ナナちゃん #薬と健康の週間 #かかりつけ薬局 #かかりつけ薬剤師
昨日は大口町の老人クラブのご婦人方に出前講座をさせてもらいました。
お薬を安心安全に使っていただくために「相互作用と重複投薬」やジェネリック医薬品、お薬手帳の使い方を説明しました。
実は今回講演会デビューだったので緊張していましたが、皆さん熱心に聞いていただけたのでとてもお話ししやすかったです。
薬剤師は薬局でお薬をお渡しするだけでなく、在宅患者さんのお薬の管理や今回のような講演会などを通して地域の皆さんとつながっています。
お薬を上手に使っていただくためにもぜひ薬局や薬剤師を活用してくださいね
講演の依頼もお待ちしております(^^)
(笠井)
10月17日から23日の1週間は「薬と健康の週間」です。
今朝はラグビー日本代表の姫野選手が海外のチームへ期限付き移籍するというニュースが飛び込んで来ました!
姫野選手といえば地元愛知出身で、前回のワールドカップでもチームに無くてはならない存在として活躍された選手ですね。
ユニフォームが替わっても変わらぬご活躍を期待しています!!
実は、姫野選手には愛知県薬剤師会の「おくすり手帳啓発ポスター」にもご協力を頂いております。
皆さんも街の薬局でも見かけたことがあるかもしれませんね。
おくすり手帳は皆さん自身が普段からお薬の服用履歴を記録するほか、お薬の相互作用や重複投薬から自身を守る大事なアイテムです!
また、事故や災害に遭ってしまった際にも、どんな薬をどの位飲んでいるか、アレルギーや副作用歴などが無いかを正確に伝える役割も持っています。
皆さんも「手帳は家にあるよ!」ではなく、日頃からちゃんと持ち歩いて頂くことをお勧めいたします!
#おくすり手帳 #愛知県薬剤師会 #かかりつけ薬局 #姫野選手
以前もおしらせいたしましたが10月17日~23日の一週間は「薬と健康の週間」です。
身近な薬の事をあらためて知るよい機会になると思います。
皆さんは薬のことを気軽に相談できる「かかりつけ薬局」や「かかりつけ薬剤師」をお持ちですが?
病院で処方される薬はもちろん、市販薬なども服用に際しての様々な注意点があります、不安なく安全に薬をのむためにもあなたの「かかりつけ」を是非みつけておきましょう!
「推しメン」ならぬ「推し薬」ですね!(*´∀`)/

愛知県薬剤師会でも広報活動の一環として、10月14日(水)~20日(火)の1週間、名古屋駅にあります名鉄百貨店メンズ館のナナちゃんが今年も白衣姿に変身します!!
また、10月18日(日)は午前11時より、ナナちゃん周辺で広報活動も行います、ぜひ「薬剤師ナナちゃん」に会いに来てくださいね!
11月3日(火祝)に開催いたします愛知県薬剤師会福祉医療公開講座についてご案内いたします。
今年度は三密を避けるため、定員を抑えた上で、午前・午後の2部制で開催をさせて頂きます。
プログラムも実際に現場での感染対策に奔走された老人ホーム経営者である大矢氏による講演、避難所運営等の観点からの感染予防対策についての情報提供など、今年も充実しています。
また、アトラクションとしてイリュージョニストのMASAKI氏を招いて素敵なマジックショーを披露させて頂きます。
今年度も会場は愛知県女性総合センター(ウイルあいち)です。
是非多数ご参加頂きますようお願いたします。
詳細・申込みは以下からご確認下さい。
https://www.apha.jp/news/entry-11220.html
なお、定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。
義援金へのご協力ありがとうございました。
本年度7月の豪雨災害義援金として日本赤十字社に納めさせて頂きました。
皆様の善意に感謝申し上げます。
10月に入り、少し肌寒い日も出てきましたね。今月からインフルエンザの予防接種が始まり、本格的な冬に向けての準備が進んでいきそうです。今年の冬は新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行の恐れがあり、不安に感じられている方も多いのではないでしょうか。ワクチン接種も大切ですが、日々の生活での感染対策を続けていくことも忘れないようにしましょう!石鹸での手洗い、規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事など、基本に立ち返って感染症に負けない体づくりをしていきたいですね。
さて、今月のClass A Lifeは『魚を楽しむ五つの心得』が特集されています。
みなさんは魚はお好きですか?骨があって食べにくいとか、料理に手間が掛かったりで敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。ちなみに私は魚、大好きです(笑)
魚にはたくさんの栄養素が含まれています。筋肉のもととなるたんぱく質はもちろん、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸も豊富です。自粛生活が続き、筋肉量が減ってしまっている方は将来寝たきりになってしまうリスク大です。今のうちから良質なたんぱく質を摂ってみてはいかかですか?そしてコレステロール値が高めの方、魚の油に含まれる不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールを減らす作用があります。お肉中心の食事から魚中心の食事に変えるだけでも検査結果に違いがみられるかもしれませんよ!
今が旬の魚のおいしいレシピも載っているのでぜひ毎日の食事のヒントにしてみてくださいね。
裏面特集では目の疲れについてまとめられています。
最近はスマートフォンの画面とにらめっこしている方が多くみられるように思います。私も気を付けなければと思いつつ、どうしても手が伸びてしまっています…。
そんなとき目が疲れたなと感じる方も多いのではないでしょうか。目の疲れはドライアイや毛様体筋と呼ばれる目の筋肉の緊張が原因となります。スマートフォンやパソコンを長時間使用するときはこまめに休憩をとり、目を温めたり、ぎゅっと目を閉じてパッと開けるなどのストレッチをしてみてください。疲れをためないことが大切です。
今月もためになる情報がたくさんのClass A Lifeをぜひお手に取ってみてください!
(大口店 笠井)
はぐろ薬局扶桑店建築中です!
来春3月オープンを予定しています。
地域の皆様の健康サポートや情報発信など、多くの方のお役に立てるような薬局を目指しています。
一緒に働いてくれる方も募集しています!
楽しい職場を一緒に作りませんか?
今日は完全脱線モードです。
TVドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が昨日最終回を迎えました。
薬剤師が主人公の連続ドラマというのは史上初だったと思います。
当初は7月スタート予定だったものがコロナウイルスの流行で撮影が止まり心配になっていたところ、更に役者さんの急病という自体も重なり本当に放映されるのか?と心配されていましたが9月末になんとかスタート!!
内容はドラマ故に現実と少々違うかな?ってシーンもありましたが、想像以上に細かく薬剤師の仕事が描かれていました。
こんなことあるの?って一般の方に聞かれたりもしましたが、意外とあるあるなシーンがたくさんでしたよ。
ネタバレするといけないのであえて内容は書きませんが、是非見逃し配信で!
あと、エンディングテーマのドリカムさんの「YES AND NO」も、とっても良い曲ですよね♪(*´∀`)
ドラマは終わってしまいました、原作漫画は月刊コミックバンチで引き続き連載されていますので、是非ご覧になって下さい。
医師・看護師はすでに多くの作品がありますし、法医学者や検査技師さんのドラマもありましたね、次はどんな医療ドラマができるのか楽しみです!
(奥村)
最後に清原翔さんの一日も早い回復をお祈り致します。
4連休もあっという間に終わってしまいました。
皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?
ちょっと足を伸ばして久しぶりの旅行に・・・という方も多かったのではないでしょうか?

観光地もマスク姿は定着していますが、以前に比べて人手も少し戻ってきている様な印象ですね。
さて、最近ではマスクも普通に手に入るようになり、当店でも普通のマスクだけでなく、眼鏡曇り防止マスクのような高機能マスク、布マスク等も含め、材質や大きさも色々と取り揃えております。。

ところで、最近は外出時にマスク以外にもフェイスシールドや口だけを覆うシールドを装着している方も見かけるようになりました。
TVのロケ番組で芸能人の方がマスク代わりに使用しているのが影響しているのかもしれません。
でも、そもそもフェイスシールドの役割をご存知でしょうか?

まず、マスクには家庭用マスクや医療用サージカルマスク、N95マスクなどその役割によって様々な種類がありますね。
その役割は花粉やホコリなどが体内へ侵入するのを防いだり、咳やくしゃみによって体外へ排出される飛沫の拡散を防止するなどの働きがあります。
主にガーゼや不織布などの材質でできており、間にフィルターを加えたりすることでより細かい物質の侵入や拡散を防ぐように工夫されています。

また、N95マスクと呼ばれるものは微生物などから装着した人を守る感染防止の機能も備えています。(ちなみにN規格のテストで95%以上の試験噴霧物質を除去する能力があるのでN95と呼ばれます。)

一方でフェイスシールドは、個人防護具の一種で手術や口腔内の処置、気管挿管などの行為で飛沫が一定範囲拡散する恐れのある場面において、発生した飛沫から装着者の目・鼻・口を守るのが主な目的の製品です。マスクのように装着した人の飛沫等の拡散を防止するような役割はありません。

更に、口だけを覆うタイプのものは医療用具ではなく、主に配膳などを行う際に唾液が飛ばないように用いられる製品です。
ですので、感染予防、飛沫防止いずれの効果も期待はできません。

コロナ禍で私たちが行うべきは、こまめな手洗いや人と近接する際のマスクの着用、定期的な換気などが大変重要になります。
是非、正しい知識で健康な生活を維持していきましょう!


(参考)マスクについては以下のページも参考にして下さい
 http://www.jhpia.or.jp/product/mask/index.html
来月10月17日~23日は「薬と健康の週間」です。
今年もアンサング・シンデレラの葵さんのポスターですね!
薬は正しく使うことで効果を発揮しますが、誤った使い方や多すぎたり少なすぎたりでは効果が出ないばかりか、健康を害することもあります。
安全に薬を使用するためにも、薬剤師や医師の説明を正しく守って使用して下さい。
自分の生活習慣にその説明が合わないなど、どう使って良いか迷ったり、不安な点、ご不明な点が有りましたら薬剤師までお気軽にご相談下さい。
薬と健康の週間に向けて、引き続きお薬の適正使用に関して情報発信をさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。
(大口店 奥村)
【コラム】このたびの台風9号・10号によって被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被災地域の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウイルスによる感染症拡大もまだまだ油断ができない状況です。災害が発生するとそれに伴い感染症リスクも増す可能性もあります。そんな場合でもこまめな手洗いや咳エチケット等が有効で有る事には変わりがありません。

薬局など医療機関においても基本的な感染予防対策をちゃんと継続していくことが非常に重要な要素だといえます。

このたび日本薬剤師会では感染防止対策がとれているかのチェックリストを作成すると共に、新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施薬局としてみなさまにも判りやすく周知するために「みんなで安心マーク」制度を開始しました。

皆様が薬局に安心してご来店いただけるよう、入り口に判りやすく掲示をしております。
是非参考にしてください。

また、「みんなで安心マーク」は医療機関や歯科でも実施されています。
(大口店 奥村)
台風9号に続き10号が週末にむけて近づいてきています。かなり強い台風の様で、特に沖縄から九州地方は非常に強い影響をうける可能性があります。
被害を最小限に防ぐためにも、家屋周辺の確認や防災グッズの見直しをしておきましょう。

また、継続してお薬を服用されている方は不足しないように少し手持ちの薬に余裕をもって受診することをオススメします。

そして、防災の観点からも「おくすり手帳」はとても重要なアイテムです!
災害時や緊急時にも正確な情報を伝えることができますし、救護所等でも安全に薬を受け取ることができ、相互作用や過去の副作用などもしっかりと確認できます。
更に、定期的に受診してみえる方には薬局での支払が少し安くなる場合もあります。

ただし、手帳をしっかり活用するには”常に持ち歩く”ということが非常に重要になってきます。
お家でシールを貼るとか、病院に来るときだけ持ち出すというのではその効果も十分ではなくなってしまいます。

常に持ち歩くことで「この一冊があなたを守る」といえるのがこのおくすり手帳だと言えます!
是非、この機会に「おくすり手帳」を見直して下さい。
(大口店 奥村)
連日の猛暑ですが、みなさんいかがお過ごしですか?熱中症を予防するためにも外での作業の際には必ず水分補給をこまめに行うようにしましょう。また家の中では適宜エアコンを使用して体調管理に努めてください。9月に入ってからも暑い日は続きます。台風も発生し始めていますから、これを機に避難経路や持ち出し用品の確認をしてみてはいかがでしょうか?
さて、今月のClass A Lifeは「夏の疲れにさようなら」と題して暑さに負けない身体づくりのヒントが特集されています。この夏は毎年の熱中症対策に加え、新型コロナウイルスへの対策もあり疲れやストレスがいつも以上にたまっている方も多いのではないでしょうか。そんな方にはぜひ読んでいただきたい特集です!
毎日の生活に6つのポイントを少しだけ取り入れてみると、それだけで疲れた身体が軽くなります。具体的にはタンパク質を積極的に摂ったり、深呼吸で自律神経を整えたり。暑いからとシャワーだけになりがちなお風呂も湯船につかって血行を良くしてみたり。簡単な工夫で疲れをしっかり解消していきましょう。
他にも誰でもできるツボ押しや、ふとした時にできるストレッチも載っているので実践してみてください。私も軽くツボ押しをやってみましたが、頭がすっきりしておすすめです!
裏面特集では腸内環境が健康に与える影響についてまとめられています。
免疫力にも深いかかわりがあると言われている腸内環境。善玉菌と悪玉菌そして日和見菌に大別されるたくさんの細菌が生息している腸で大切なことは、それぞれの菌のバランスを保つことです。善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7になることが最もバランスの取れた腸内環境であると言われています。この割合にできるだけ近づけるためにも食物繊維が豊富に含まれた食事を摂り、運動や睡眠などの生活習慣を整えることが重要です。
お腹の中の菌の状態を整えていくという視点で毎日を過ごしていくのもいいかもしれませんね。
今月も見どころたくさんのClass A Life。ぜひ店頭でお手に取ってみてくださいね!
(大口店 笠井)
各店舗においてガイドライン等を遵守し、感染防止対策を実施いています。
その為、お客様には入店の際には手指消毒とマスクの着用にご協力をお願いしています。
また、強い発熱や咳、倦怠感等の症状がある方は駐車場等で待機頂くことがありますがご協力の程よろしくお願いいたします。
ご不明な点などは来店前にお気軽にお問い合わせ下さい。
本 店:0568-67-0132
犬山店:0568-65-0049
大口店:0587-96-2027
現在国が推進していることもあり、ジェネリック医薬品の利用が進んでいます。
そもそもジェネリック医薬品って?という方もいらっしゃるかもしれませんので、簡単に説明しますね。

お薬を開発するにはとても膨大な費用と時間がかかります。そうして作られた先発医薬品、いわゆる「新薬」は特許で守られ、一定の期間は独占的に販売することが許されています。

しかし、特許が切れたあとは開発した会社以外の製薬会社が同じ成分の医薬品を販売することができるようになります。これを後発医薬品、通称「ジェネリック医薬品」と呼ぶのです。
ジェネリック医薬品は開発にかかる費用が大きく抑えられるため、新薬に比べ安価に販売ができます。現在はジェネリック医薬品が新たに販売される際に、新薬の半分ほどの価格が設定されています。

じゃあ、「安かろう、悪かろうなんじゃないの?」と聞かれることがありますが、実際にはジェネリック医薬品も「生物学的同等性試験」と呼ばれる臨床試験などを行い、同じ成分が同じように体内に取り込まれるかを確認したり、安定性の試験等もちゃんとクリアしています。

また、製造過程もGMPと呼ばれる品質基準をクリアするなど、しっかりとした環境が保障されています。
じゃあ、ジェネリック医薬品って「先発とまったく同じものなの?」と言われると、成分以外の所では色々な工夫が加えられている製品も存在します。
先発に比べて「溶けやすく飲みやすい」などの工夫がされていたり、「苦みを軽減している」などの特徴を持つものもあります。
また「錠剤自体に薬品名が印字されている」など、取り違えに役立つような製品もあります。
そもそもカプセルしかない医薬品に、溶けやすい錠剤のジェネリック医薬品が追加になった・・・などという例もあります。

薬局では数あるジェネリックから、それぞれの製品の特徴や、PTPと呼ばれる包装紙のデザインや取り出しやすさなど色々な点を考慮してジェネリック医薬品を採用しています。
当店でもジェネリック医薬品を利用している割合は8割を大きく超えています!

皆さんも安価で頼りになるジェネリック医薬品をお試し下さい。
ご不明な点はいつでも薬剤師にご相談下さいね (^^)
(大口店 奥村)
コロナ禍の現在、医療業界も他同様にオンラインで行う業務などが増えてきました。今後は診療や服薬指導などもオンラインで行われることが増えてくるとも言われています。
みなさんの業種ではどんな変化がありましたでしょうか?
私たちの業界でも、従来は新薬が発売された際の説明会や、薬剤師会などの研修会は会議室や講堂にあつまって受講するのが当たり前でしたが、現在はオンラインで行う研修会がとても増えています。
今日もお昼は新薬の説明会を薬局スタッフでオンライン受講して、これから夕方には薬剤師会の研修会もオンラインで・・・といった具合です。
オンライン研修会は自宅や職場から受講でき、移動などの時間や手間が省けるので便利な半面、実際にグループワークをやる際や、手技などを学ぶ実習にはまだまだ向かないともいえます。(でも、今後はもっとVR技術が発達すると自由にできる様になるでしょうね!)
私たち薬剤師は日々発売される薬剤の情報や知識を学んだり、疾患の治療の最新情報なども知っておく必要があります。
コロナ禍であっても学ぶことができる技術がどんどん発達していくことはとても重要な要素ですね。
また、それに乗り遅れないように使いこなせるようにしていく努力も必要ですね(^^)
皆様のお役に立てるよう日々の進化を止めないよう頑張ります!

▲ このページのトップへ戻る