ドーピング防止相談薬局

当薬局はドーピング防止相談薬局です。



ドーピング防止相談薬局とは・・・


ドーピングとは競技能力を高めるために薬物を使用することで、アンフェアなだけでなく、選手自身の健康を害する危険な行為です。

その一方で故意に使用したわけではなく、不注意のうっかりミスで検査にひっかかってしまう場合もあります。市販のかぜ薬や胃腸薬などにも禁止薬物を含むものが多数あり、うっかり使用してドーピング違反と判断されれば、重い罰則が科せられることがあります。

このような「うっかりドーピング」を防止し、同時に必要な薬物療法を安全に受けていただけるよう、山口県薬剤師会では平成21年度から「ドーピング防止相談薬局」という新たな取組みをスタートさせました。

ドーピング防止相談薬局の研修を受講した薬剤師のいる薬局・病院にはドーピング防止相談薬局のステッカーが掲示されており、ドーピング防止についての相談をすることができます。

スポーツファーマシスト

公認スポーツファーマシストとは・・・


公認スポーツファーマシストは、最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行い、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な活動とします。薬剤師の資格を有し、所定の課程を修めた方が日本アンチ・ドーピング機構より認定される資格制度です。

当薬局では薬剤師の熊野栄治が取得しております。
お気軽にご相談ください。

▲ このページのトップへ戻る

ドーピングのついてのお問い合わせ

薬剤師会のホットライン(平日AM9:00~PM:5:00)
TEL:083-923-1193(くすりの相談室)
FAX:083-924-7704

 

▲ このページのトップへ戻る