健康を願う皆様へ

薬局からのお便り:みなさんのお薬はこうしてできあがります

病院にかかり医師に診断してもらい
処方箋をもらい
調剤薬局にてお薬をもらう機会が多くなりましたが
薬局ではどのようなことがおこなわれるかご存じですか?

1.処方せんを受け付けます。

例えば、複数の医療機関にかかっている場合、同じ成分を含んだ薬が処方される場合があります。知らずにそれぞれの薬を飲んでしまうと、結果として薬量が過剰になり、思わぬ副作用が起こることがあります。
お薬手帳を提示することで、こうしたトラブルを避けることができます。
また、アレルギーや副作用のチェックもできます。

▲ このページのトップへ戻る

2.薬袋をつくり、調剤します。

 飲み方を記入した薬袋を作成し、処方せんと合っているかを確認します。
必要に応じて一包化※や配合などを行い調合しますので、時間がかかる場合があります。

※一包化:たくさんの種類のお薬を飲んでいる方や飲み方が複雑な方に、医師の指示のもと1回分を1包にする方法です。

▲ このページのトップへ戻る

3.最終確認をします。

お薬を薬袋に入れる前に、もう一度確認をします。
お薬に間違いはないか、包装に破れはないか、異物は混入していないか、重さや量は間違えていないかなど、ひとつずつ確認していきます。

▲ このページのトップへ戻る

4.飲み方などをご説明します。

お渡しするお薬の内容、飲み方についてご説明します。
ご希望によりお薬手帳にも記入します。毎回同じお薬でも、服薬について何か困ったことなどがないか、お話を伺うこともあります。
気になることや、わからないことがあれば、お気軽に薬剤師にご相談ください。

 

▲ このページのトップへ戻る